神戸・姫路での、割り切り出会いは最高

じっとしていても神戸や姫路でなら出会いはある
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    神戸では全力で出会いを振り返る必要があると思います


    戦争を振り返る必要があると思います
    神戸における過度の加害者意識
    多分私はもうそれを必要としません。

    タカヒロヾ(* '-' *)マタン♪
    全力で何かをしても

    神戸の人生でたった1ページ

    当たり前のことだ

    これらの成果の一部のみが知られています。

    しかし、自分の業績を称賛するのではなく

    これまでの成果を称賛する方

    愛するものは人生の数十ページの価値があります

    いいえ...私はしなければなりません。

    神戸も見ていないとしても

    彼らは愛する人たちの生活をより深く見ようとしているからです。

    私の日々が短命であっても

    ユニークな愛する人の人生は決して明るくありません

    | - | 14:30 | comments(0) | - |
    0
      神戸では単純に出会いを考える


      神戸の地域で同じ時期に
      同じ日本が行っていたので
      単純に考えるなら
      同じことが行われるべきでした。
      神戸と台湾に対する反応は大きく異なり、
      彼らが正反対のことをしていた可能性は低いです。

      私が実際にこれまで読んだ本によると
      当時の日本の基本方針はほぼ同じでした
      それに関連する措置
      日本は治世中は両国だったようです。

      日本が日本と台湾にしたこと
      大まかに似ていると思うなら
      両国の反応の大きな違いの背後にある要因は何ですか?
      答えは1つだけです。

      神戸れば、日本人と台湾人の意識の違い
      これが残っている唯一の要因ではありませんか?

      日本が日本に打ちのめされる主な理由
      それは日本自体ではなく、日本にあります。

      | - | 14:30 | comments(0) | - |
      0
        神戸出会いでは謝る必要はありません


        神戸出会いは、日本の時代のインフラ整備と教育の成果です。
        その時、彼は搾取に専念しました
        オランダやイギリスの植民地とは異なり
        それは日本の良心的な植民地政策でした。

        台湾に対する日本の戦前の支配に対して
        謝る必要はありません。

        (「台湾と日本の精神、日本人、誇りに思う」神戸出会い


        この本は日本の植民地時代に精通している
        台湾人によって書かれました。

        昨日の日記で、日本についての本に触れました。
        決してさわやかではない日韓関係と
        暴力を感じさえする日本の事件。

        この著者に同意しない台湾人のコンセンサス
        もちろん違います。
        神戸出会い、日本が支配した日本と台湾では
        なぜそんなに違いがあるのですか?

        | - | 14:29 | comments(0) | - |
        NEW ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        このページの先頭へ